BREEDING 

    我が家で生まれて育ったパピーたちです


 犬舎「N.M.M..HOUSE」では、ブリーディングに使う子は満1歳を迎えたら  遺伝子検査をします。

 股関節、肘関節、膝蓋骨、網膜萎縮、心臓の検査を実施します。中には海外の専門獣医師に調べてもらう子もいます。

 これは、これから、生まれてくる小さな小さな命が 遺伝子疾患で将来、苦しい辛い思い、そして飼い主さんが辛い、思いをしないように。

 もちろん、クリアな子でも遺伝子のいたづらで疾患を抱えて生まれてくるリスクはあります。

 それでも、ブリーディングに使う子を事前に調べる事で、そのリスクは減らす事はできるはずです。


 また、交配の時も、スメア検査、訓練しによる口輪、体の補定などは、一切せず、犬に 全てを任せる本当の自然交配をしています。


 また、ブリーディングするママ犬の負担を考えて連続交配も致しません。

 ママ犬は ヒート後、交配をし、約2ヶ月で 出産します。大型犬の場合、多ければ10匹以上の子を産みます。

 その子たちに 24時間 おっぱいをあげ、お尻の世話をし、ほとんどパピーから離れずパピー達を育てあげます。

、飼い主がママ犬のフォローを、いくらしても、可愛そうなくらい痩せてしまいます。

 そして出産からパピーを2ヶ月間 一生懸命 愛情深く 面倒見て、パピーが巣立ちます。そして、その後、2ヶ月後頃、痩せた体が やっとで元に戻る頃、また、ママ犬にヒートがやってきます。


 また、パピーの毛色ですが、

 
日本では英国ゴールデンといえばクリームのような淡い毛色が人気がありますが「英ゴル=白」と誤解されている方が多いよう思います。

英国ゴールデンには  「ホワイト」と言うカラーは認められていません。JKCに登録も クリームかゴールドになります。
また、イギリスのスタンダードでも白はゴールデンの毛色として認められていません。
でも実際にはかなり白に近い英国ゴールデンでも、サモエドのような純白の犬種と並べて比較すれば、白ではないことが分ります。 


ショーではアメリカのジャッジはゴールド色を好む傾向にあります。米系ゴルにはクリーム色の子が滅多に生まれないので、英ゴルファンはクリーム色のゴルを「英ゴルらしい」と認識しますが、英国ゴールデンではなく、米ゴールデンの親から産まれた子は あくまでも、米ゴールデンです。
好んでいることは理解できますし、別に悪いことでもないのですが、「英ゴル=白のみ」という間違った認識は残念に思います。

そして一番の心配は、毛色ばかりに気をとらわれて、交配犬の遺伝子も調べずヒートのたびに交配を繰り返し、、また、近親交配などにより、骨格構成や遺伝疾患のパピーが産まれることです。
以前、とても大人しい英ゴルに会った事があります。有名犬舎出身の子でした。広いドッグランで、みんなが走り遊んでいるのに、遊びに加わりません。
小さな頃から とても、大人しかったようです。後日、その子は足を引きずるようになり、病院で調べた結果、足に異常が見られたようです。
大人しい。走らない。のではなく、走れなかったのです。

性格も大切ですが、何が一番重要かと言えば、やはり、私は骨格構成が一番重要なのではないかと思います。骨格の しっかりしてる子は 優雅と世間で言われている英国ゴールデンでも、たくさん走り、たくさんワンプロします。何なら、犬種は とにかくとして、犬なのですから。

正しい骨格によっての歩行。パット、鼻、目などの色素の良さ。そして最後に毛色がくるのではないのでしょうか。 








 そして、私の犬舎  「N.M.M.HOUSE」 では、ワンコと楽しく生活を共にする方のみに 子犬をお願いしています。

 

 


     
 アグネス 1回目 出産
 アグネス 2回目 出産  アグネス 3回目 出産
 2014年4月30日  7匹出産 男の子5匹 女の子2匹
 
 2015年 11月3日 3匹出産  女の子3匹  2016年 8月8日 7匹出産  女の子7匹
 
   
     
     
     
   蘭 1回目 出産
   蘭 2回目 出産  父犬 つくし    蘭 3回目 出産  父犬 つくし
  2015年 10月11日 7匹出産 男の子 2匹 女の子 5匹
  2017年 3月17日 11匹 出産 男の子 7匹 女の子 4匹   2018年 6月25日 11匹出産 男の子4匹 女の子7匹
     
     
     
     
     
     
     
 アグネス  2019年10月1日 出産しました
 蘭  2019年 10月2日 出産しました